話をする機会が少ないんだと思います

『復興住宅に移られた被災者を ボランティアで訪問し、お話を聞いています。 長く話される方が多く、 それだけ話をする機会が少ないんだと思います。 集会所もありますが、 使用ルールがまだ決まっておらず 使えないようです』 (東日本大震災から6年/石巻市/30代女性)

続きを読む

水道工事が遅れていたので

『地震から1年3カ月後に、自宅を再建しました。 家を建てることはできたものの、 水道工事が遅れていたので 引越してから1週間は水が出ず、 ポリタンクで水を汲みに行く生活になりました。 水のありがたさを感じました』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

みんなで同じ避難所に行くことにしました

『避難するにあたっては地区の人たちと相談し、 みんなで同じ避難所に行くことにしました。 別の場所に避難する人には、 地区のリーダーに行き先を 伝えてもらうことにしました。 安否確認もリーダーを中心に行いました』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む

資料を探して参考にすることがあります

『被災地でボランティア活動をする中で、 過去の災害の事例から学びたいと思い 資料を探して参考にすることがあります。 20年前に資料を作った人は、 将来のボランティアが資料を見るなんて 思っていなかったでしょうね』 (東日本大震災から6年/石巻市/30代女性)

続きを読む

被災者の心の傷は治るものではありません

『震災の被害があまりにも大きく、 この町はどうなるんだろうと心配しましたが、 この1年でウソのようにきれいになりました。 ただ、増えた空き地を見るのは虚しいし、 私たち被災者の心の傷は治るものではありません』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

昨年、発電機を買っていたので

『本震で電気がつかなくなりましたが、 地区で昨年、発電機を買っていたので、 避難者が集まっているグラウンドに 投光器を設置して明るく照らし、 安全確保ができました。 持っていてよかったです』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む

継続するのか、やめるのかの議論もありますが

『ボランティアを継続するため、 助成金を申請して活動資金を得ながら、 なんとか今までやってきました。 毎年、継続するのか、やめるのかの議論もありますが、 地元の方を雇用しているので、 簡単には結論を出せません』 (東日本大震災から6年/石巻市/30代女性)

続きを読む

継続するのか、やめるのかの議論もありますが

『ボランティアを継続するため、 助成金を申請して活動資金を得ながら、 なんとか今までやってきました。 毎年、継続するのか、やめるのかの議論もありますが、 地元の方を雇用しているので、 簡単には結論を出せません』 (東日本大震災から6年/石巻市/30代女性)

続きを読む

これで地震のことは終わりになったんかな

『小学3年生になる娘が、 「最近、テレビ局の人を見なくなったね。 これで地震のことは終わりになったんかな」と言います。 確かに、震災から1年の記念行事までは 毎日のようにマスコミの方々を見かけました。 子どもも感じるんですね』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

いつでも逃げられるようにしました

『4月14日の前震での被害は少なかったのですが、 近所の方々とは、 また地震が来るかもしれないという話をしていました。 そのため、次の地震に備え、 車を出しやすいように駐車位置を変えるなどして、 いつでも逃げられるようにしました』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む