ここに来て3ヶ月だけど、違和感があります

『仮設住宅を出て復興住宅に入った今は、 部屋は大きくなっているし、 暮らしはよくなりました。 けど地域が変わったから、 人のちょっとした話し方が違うし、 飲食店がどこにあるのかわからない。 ここに来て3ヶ月だけど、違和感があります』 (阪神大震災から5年/神戸市/50代男性)

続きを読む

集会所で新聞をとったらどうかと提案

『震災後、仮設住宅に入ってから、 新聞購読を再開していない人が多いと聞きました。 そこで会長さんが、 新聞読みたくて集まるかもしれないから、 集会所で新聞をとったらどうかと提案したようです』 (熊本地震から1年/菊陽町/70代男性)

続きを読む

小学生や海外の方等に伝わりにくいので

『語り部をしています。 今までは現地に震災前の写真等を持って行って 説明をしていました。 写真と言葉だけでは、 小学生や海外の方等に伝わりにくいので、 漫画や紙芝居を作成する予定です』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

雲仙や奥尻は非当事者として見てたんです

『1990年の雲仙普賢岳噴火や、 1993年の北海道奥尻島での地震は、 テレビでその様子を見ていました。 阪神大震災で自分が被災すると、 取材に来た人に対し「撮ってないで手伝ってくれ」 と思いました。 雲仙や奥尻は非当事者として見てたんです』 (阪神大震災から23年/神戸市/60代男性)

続きを読む

19日にはTwitterで情報を探し

『避難所になった体育館にいました。 18日の配給はバナナ1本でしたが、 なんとか凌ぎました。 19日にはTwitterで情報を探し、 近くのドラッグストアで売り出ししていることがわかり、 買い出しができました。 19日からはちゃんと食べられました』 (熊本地震から4カ月/大津町/10代女性)

続きを読む

家族は快く思っていないようで、残念

『震災後は、亡くなった仲間のためにもなると思い、 地域活動へ積極的に参加してきました。 ただ、会議などで出ることが増えるからか、 家族は快く思っていないようで、 残念です』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

引っ越しが大変でした

『震災後、以前よりも小さい部屋に移ることになり、 引っ越しが大変でした。 祖父のものなど、 私が知らないものが多く処分に困りました。 私のものは、思い出の品も含めてどんどん捨てました。 それでも命と家があるだけありがたいです』 (阪神大震災から1年/神戸市/30代女性)

続きを読む

“全壊”の扱いになっていませんでした

『被災した家を1軒1軒回ってみると、 大きく壊れている家で 生活している人が何人もいました。 ただ、罹災証明をとりにいっていないので、 “全壊”の扱いになっていませんでした。 申請しなくてもいいような 制度にならないものでしょうか』 (東日本大震災から6年/仙台市/40代男性)

続きを読む