地域の産業が立ち直ってくれることが、被災者にとっては大事

『事務の仕事を、津波で失いました。 被災地の有効求人倍率が1を超えていますが、 建設業が多く、体力に自信の無い私が働けるとは思えません。 これまでの地域の産業が立ち直ってくれることが、 被災者にとっては大事だと思います』 (東日本大震災から6年/石巻市/50代男性)

続きを読む

【阪神・淡路大震災の起こった日(1月17日)まで 後1日~忘れないために~】大勢の人が、犠牲者の冥福を祈り

『これまで、慰霊法要に参列してきましたが、準備に携わったことはありませんでした。今年はお手伝いにと声がかかったので参加し、そこで初めて、大勢の人が、たくさんの時間を使って、法要の準備をされていることを知りました』(阪神大震災から23年/神戸市/70代男性)

続きを読む