私達にもできるはず。見習いたい

『他地区では、住宅の8割が全壊するという 大きな被害を受けたにも関わらず、 消防団がリーダーシップをとり、 どういう集落にしたいかから話し合い、 実現に向けて動き始めていました。 私達にもできるはず。 見習いたいです』 (熊本地震から1年/益城町/40代男性)

続きを読む

若者の指針になれるよう、恥じない行動を

『消防団による災害救援では、 30代の若者が3カ月間家に帰らず、 地域のためにと、一緒に活動してくれました。 復興の途中で自分の心が揺れた時は、 ついてきてくれた若者の指針になれるよう、 恥じない行動をと自分に言い聞かせています』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

暮らしを考えると、不安でいっぱい

『仮設住宅を離れ、 これからは復興住宅で暮らします。 仮設住宅から出られることはうれしいけれど、 知り合いがいない場所での暮らしを考えると、 不安でいっぱいです。 また1からのやり直しですね』 (阪神大震災から5年/神戸市/50代男性)

続きを読む

自分たちもがんばらなければ

『大学の先生方の案内で、 他地域を見に行きました。 その地域は8割の住宅が全壊し、 今残っている住宅は4軒のみでした。 その状態で約60回もの話し合いを重ねてきたとのこと。 圧倒されましたし、 自分たちもがんばらなければと思いました』 (熊本地震から1年/益城町/40代男性)

続きを読む

復興まちづくり協議会に参加

『私たちの家の周りに、 公営住宅が建設されるそうです。 周辺に暮らす住民として、現状を少しでも知り、 公営住宅建設後には 一緒によりよい地域づくりができるよう、 復興まちづくり協議会に参加しています』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

一人ではできないことを成し遂げた

『仮設住宅の運営は、大変でした。 それほど役に立てなかったことを思うと 悔しさもありますが、 住民の方やボランティアさんのおかげで、 一人ではできないことを成し遂げたという 自信もつきました。 気力さえあれば何でもできると思います』 (阪神大震災から5年/神戸市/50代男性)

続きを読む

情報交換できて、少しほっとしました

『復興に向けて、地域づくりに行っています。 他地域の前例から多くを学びましたが、 今、周辺地域が何をしているのは、 わかりませんでした。 大学の先生のコーディネートで、 4地区が集まる機会ができ、 情報交換できて、少しほっとしました』 (熊本地震から1年/益城町/40代男性)

続きを読む

集落の運営は震災直後よりも大変

『震災で被害を受けた集落を なんとしてでも残したいと思い 避難先から集落に毎日通いました。 震災から6年経ち、人口が減り、 集落の運営は震災直後よりも 大変になってきました。 でも、初心忘れず、 できる限りのことはします』 (東日本大震災から6年/石巻市/60代男性)

続きを読む