娘たちは保育園探しが大変なので

『震災前から娘家族と同居していて、 地震後、一時的に遠隔地に引越しました。 娘の子を近くの認可保育園に通わせるため、 娘たちだけ住民票を移しました。 私はいずれ震災前の地に戻りますが、 娘たちは保育園探しが大変なので 残るでしょうね』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

全市の住民が利用するから

『私は、津波で家を失っていませんが、 震災後、復興まちづくり協議会に参加しています。 協議会では、復興事業でできる公共施設等についての 話し合いがあり、 その施設は被災者だけでなく、 全市の住民が利用するからです』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

大勢の人が、たくさんの時間を使って

『これまで、慰霊法要に参列してきましたが、 準備に携わったことはありませんでした。 今年はお手伝いにと声がかかったので参加し、 そこで初めて、 大勢の人が、たくさんの時間を使って、 法要の準備をされていることを知りました』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代男性)

続きを読む

若者が率先すべきだと実感

『熊本地震の時、 会長など地域の役職についている方は高齢者が多く、 ご自身のことで精一杯になっていました。 災害時は、 人を助けに行くことも必要なので、 今後の防災の取り組みは、 若者が率先すべきだと実感しました』 (熊本地震から1年/熊本県/50代男性)

続きを読む

店舗は高台には建てられないので、通勤しています

『震災前は、家と店舗が一緒だったので、 朝起きて食事したら、 すぐに一階におりて、仕事ができていました。 震災後、住宅は高台移転事業で 移転したのですが、 店舗は高台には建てられないので、 通勤しています』 (東日本大震災から6年/宮古市/60代男性)

続きを読む

ずっと続けていくのは難しい

『慰霊法要を続けている地域が、 だんだんと減ってきました。 その一方で、震災を伝えていこうという 呼びかけがなされています。 伝えるのは大事なことですけど、 ずっと続けていくのは難しい。 いつかは無理が出てくるんじゃないかと思います』 (阪神大震災から22年/神戸市/60代男性)

続きを読む

震災以降は娘と別居しています

『熊本震災では家は無事だったのですが、 まだ余震の不安があります。 家具等の振れ止めはしていても 動かない保障はないので、 震災以降は娘と別居しています。 余震の不安がなくなれば良いのですが…』 (熊本地震から1年/熊本県/40代男性)

続きを読む

相談してみるものですね

『集落の発展のために、欲しい備品がありました。 資金が無いのですぐには無理だと思っていましたが、 一緒に活動している長老が、 集落の山があるから、その木を売れば なんとかなるかもと言ってくれました。 相談してみるものですね』 (東日本大震災から6年/石巻市/60代男性)

続きを読む

住民たちで連携して、避難生活を乗り切りました

『震災前から地域活動が盛んだったので、 阪神大震災の時は、 住民たちで連携して、 避難生活を乗り切りました。 中には知り合いに声をかけて、 地域のための寄付集めをされた方もおられ、 そのネットワーク力には驚かされました』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代男性)

続きを読む

支え合えるようにしておくことが大切

『私は震源地から少し離れたところに住んでいるので、 被災した方への情報提供で応援したいと思いましたが、 知り合いがいないので、できませんでした。 普段からの繋がりの中で情報交換しておき、 支え合えるようにしておくことが大切です』 (熊本地震から1年/熊本県/40代男性)

続きを読む