空き家に避難させてもらいました

「知り合いが持っていた空き家を 震災前から管理していました。 津波が起こり、私の家は流され、 知り合いの空き家は助かったので、 空き家に避難させてもらいました。 その後、知り合いが譲ってくれるというので、 購入して暮らしています」 (東日本大震災から6年/石巻市/60代男性)

続きを読む

地域の状況が変わっていて、伝えるのは難しい

『震災後に、 地域のシンボル的な建物ができました。 それから15年ほど経ち、 まちの中には、 建てたいきさつを知らない人が増えてきました。 私は知っているので、説明しようとするのですが、 地域の状況が変わっていて、伝えるのは難しいです』 (阪神大震災から22年/神戸市/50代男性)

続きを読む

半数もの人が参加してくれました

『住民を集めようと思い 久しぶりに老人会を企画しました。 なんと、半数もの人が参加してくれました。 皆、集まりたかったのですね。 避難は長引きそうですし、 だんだんと減るかもしれませんが、 なんとか継続したいと思っています』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

浜に戻りたくて土地を確保しましたが

『津波からの避難時に怪我をし、 子どもと同居しています。 浜で暮らしていた時は、 仕事があり体を動かしていましたが、 今は外出の機会が減り、体が弱ってきました。 浜に戻りたくて土地を確保しましたが、 浜での生活に自信がありません』 (東日本大震災から6年/石巻市/80代女性)

続きを読む

温かさが身にしみました

『震災直後にボランティアで来てくださった方々には、 感謝しています。 見ず知らずの私達のために、 物資などを車にいっぱい詰め込んで、 県外からもやってきてくれました。 家や家財道具を失い途方に暮れている中に、 温かさが身にしみました』 (阪神大震災から22年/神戸市/50代男性)

続きを読む

道路が塞がれて進めない

『私は足が悪いので、 震災直後、避難するために、家から車で出ました。 ところが道路が塞がれて進めないのです。 そこへ近所の親しい方がやって来て、 一緒に足下が悪い中を歩いてくれて、 その方の車で避難所まで移動しました。 助かりました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/80代女性)

続きを読む

地域の代表者の立場が悪くなるのでは

『事業が遅れた理由をマスコミ等が、 「住民の同意が遅かった」と検証していて 疑問に思います。 役所から「早く計画に同意すると早く進む」といわれ、 早いほうがいいと思い同意しました。 間に立った地域の代表者の立場が悪くなるのでは?』 (東日本大震災から6年/石巻市/60代男性)

続きを読む

体を動かしていると、次第にショックが和らぎました

『震災の2年前に3千万円で建てた家を、 地震後の火災で一瞬のうちに失いました。 避難所の駐車場で車中生活している時に 炊き出しボランティアさんたちと出会い、 手伝うことにしました。 体を動かしていると、次第にショックが和らぎました』 (阪神大震災から22年/神戸市/50代男性)

続きを読む

この土地は先祖から引き継いだもの

『都市化が進み、 農村にある資源の経済的価値が下がっています。 その上被災すると、経済ベースで考えると、 戻る意味が無くなってしまう。 それでも、この土地は先祖から引き継いだものなので、 大切に守りたいと思い、 維持管理してきました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

高齢の母が一人で戻り、新しい住宅で暮らすのは心配

『震災直後、石巻の母が、 私がいる関東に避難してきました。 母はいずれ石巻に戻り、 漁村の公営住宅に入りたいと希望しました。 高齢の母が一人で戻り、新しい住宅で暮らすのは心配なので、 私も石巻に引越しました。 親孝行できて満足です』 (東日本大震災から6年/石巻市/60代女性)

続きを読む