遅れて探し始めた人は、遠い地域に

『震災後、避難所生活が難しい人たちが、 早い段階で賃貸住宅を探し始めたので、 一気に賃貸物件の需要が増えました。 集落に近くて便利なところから埋まり始め、 遅れて探し始めた人は、 遠い地域に行かざるを得なくなりました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

高台の土地は断りました

『漁村に住んでいた母は、 津波で家を流され、仮設住宅に入りました。 母は、漁村の高台に家を建てたいと、 役所へ希望を出していましたが、 避難生活の中で病気がちになり、 施設へ入らなければならなくなりました。 高台の土地は断りました』 (東日本大震災から6年/石巻市/50代女性)

続きを読む

被災して苦労したことも、思い出の一つ

『ほかの地域で災害が起こったニュースを見ていると、 神戸って安心して暮らせる町だなって思うんです。 私は阪神淡路大震災で家を失ったのに、それでもです。 災害から20年以上経った今では、 被災して苦労したことも、思い出の一つです』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代女性)

続きを読む

住民は居なくなり、道路等はどんどん良くなります

『都市化が進み、 農村の資源の資産価値が落ちています。 そこへ、震災復興の公共工事のために 土地の売却をという話がきたら、 みんな土地を手放してしまうのでは。 そうしたら、住民は居なくなり、 道路等はどんどん良くなります』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

娘とはいえ、気をつかいました

『半島部に住んでいて被災し、 しばらくは、内陸に住む娘の家で暮らしました。 その後、関東に住む別の娘のところへも1ヶ月行きました。 娘とはいえ、気をつかいましたね。 そして石巻に戻り、 近くの仮設住宅を申しこんで住みました』 (東日本大震災から6年/石巻市/80代男性)

続きを読む

診療できるようになるのは数ヶ月先と言われ

『仮設住宅暮らしを経て 復興公営住宅に入居しました。 持病があるのですが、 前に通っていた病院は、 バスを乗り継がないと行けません。 近くの病院にしようと思い電話すると、 診療できるようになるのは数ヶ月先と言われ、 困っています』 (阪神大震災から5年/神戸市/70代女性)

続きを読む

この状態で生活するのは難しいです

『地震後、人が少なくなり、 集落に獣が入ってきています。 集落に住めると言われても、 この状態で生活するのは難しいです。 段々と、集落らしくなくなってきました。 昔は獣を追い出して、 人間が住んだんですけどね(笑)』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

2度の引っ越しが大変でした

『漁村に嫁いでから、ずっと同じ場所に住んできました。 だから引っ越しに馴れておらず、 津波後、避難所から仮設住宅へ、そして公営住宅へと、 2度の引っ越しが大変でした。 家ができ、移動しなくて良くなって ほっとしています』 (東日本大震災から6年/石巻市/70代女性)

続きを読む

その服しかなかったのです

『震災時は勤めていたので、 枕元に翌日着る服を用意して寝ていました。 地震で飛び起き、着替えて外に出た数時間後に、 火事で家を失いました。 テレビ取材を受けると、見ていた知人が、 「いい服を着てたね」と。 その服しかなかったのです』 (阪神大震災から22年/神戸市/80代女性)

続きを読む

毎日、餌やりのために通っています

『地震前から犬と猫を飼っていて、被災しました。 私はおばの家に避難させてもらいましたが、 おばが猫アレルギーなので、犬と猫は被災した自宅に残し、 毎日、餌やりのために通っています。 1年間で車の走行距離は1万kmを超えました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/80代女性)

続きを読む