リラックスできる場づくりをしました

『阪神・淡路の時のお礼として、 東日本大震災発生直後、 現地にかけつけて支援したいと思いました。 でも、移動距離や被災地の環境を考えると、 体調面で自信が無かったので、 関西に避難してきた方々が リラックスできる場づくりをしました」 (阪神大震災から22年/神戸市/70歳女性)

続きを読む

多少便利が悪くても

『熊本地震後、始めての車検の時期がきました。 隣町に引越したので、 以前から見てもらっている修理屋さんまで 1時間もかかりますが、同じ所に頼みました。 多少便利が悪くても、 信頼できて、価格等も安心な方がいいですから』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

個人個人がどう再建したいかを明確に

『復興のために急ぐべきなのは、 個人個人がどう再建したいかを明確にすること。 復興事業の計画策定ではないんです。 被災者や自治体職員は、 復興事業に初めて関わる方が多く、 個人の意向が決まらないと、 会議では意見が言えません』 (東日本大震災から6年/女川町応援/50代男性)

続きを読む

せめて阪神・淡路の教訓は生かしてほしい

『阪神・淡路大震災が起こる前に、 関東大震災がありましたよね。 関東の教訓から学び、 社会を作っていく時間が 十分あったはずですが、 全く生かされていないんです。 せめて阪神・淡路の教訓は生かしてほしいです』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代男性)

続きを読む

支援が難しいのはわかるけど

『仮設住宅にはボランティアさんが来てくれるし、 イベントも開催されて楽しそう。 私が暮らすみなし仮設には、 ほとんど人が来てくれません。 民間の賃貸住宅で、 被災者がまとまってないので、 支援が難しいのはわかるけど、寂しいもんです』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

せっかく津波から生き延びたんです

『最近、集落の漁師2名が 海に落ちて亡くなりました。 風の強いときに海に出て、 あおられたり、機械に挟まれたりしたようです。 高齢の漁師もいます。 せっかく津波から生き延びたんですから、 気をつけないといけません』 (東日本大震災から6年/石巻市/70代男性)

続きを読む

人生を楽しめるようになりました

『震災で主人を亡くしました。 助けられなかった無念さや、 残されたさみしみは今でもありますが、 震災後は、 サークル活動やボランティア活動に関わることで、 新しい出会いもあり、 人生を楽しめるようになりました』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代女性)

続きを読む

人手が足りるかが心配

『東海大学の近くで農業をしています。 震災前の農繁期は 東海大学阿蘇キャンパスの学生に 手伝いをお願いしていました。 ところが、熊本市内のキャンパスが 拠点になると決まったそうです。 やっと農業を再開しますが 人手が足りるかが心配です』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

私は1年目から納税したのに

『養殖漁師をしています。 津波で流された船が海底で見つかり、 早く再建しようと補修しました。 1年目から出荷できたのは良かったのですが、 船の発注が遅かった漁師には補助金が出たそうです。 私は1年目から納税したのに納得できません』 (東日本大震災から6年/石巻市/60代男性)

続きを読む

震災のことを時々考えるだけで

『震災から22年経った今も、 震災前のまちのこと、人のことを ふと思い返す時があります。 けれども私も年を取ったのか、 はっきりとは思い出せなくなりました。 でも、震災のことを時々考えるだけで いいんですよね』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代女性)

続きを読む