大家さんが解体を決意

『私が暮らしていた借家は、 地震で瓦がずれて、被害認定は大規模半壊。 手が出せないまましばらくすると豪雨に襲われ、 雨水が家の中に入ってきて、畳と天井がカビだらけに。 結局、大家さんが解体を決意され、 1年経った今、着手されます』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む