避難先でも福祉サービスが充実

『神戸に住民票を残したまま 県外に避難しています。 避難先でも福祉サービスが充実していて助かっています。 本来は住民票のある人に対するサービスですが、 被災者だからと融通を利かせてくれています。 被災者向けの相談窓口もあって安心です』 (阪神大震災から3年/関東/70代男性)

続きを読む

個人の生活再建にも影響すると思うんですが

「役所の呼びかけで住民が集まり、 まちの復興について意見を出し合いました。 あれから3ヶ月経ちましたが、 話合いの結果がどうなったのか、知らせがありません。 その結果が、 個人の生活再建にも影響すると思うんですが」 (熊本地震から1年/南阿蘇村/50代女性)

続きを読む

楽しみができて助かってます

『津波で日用品を買える店がなくなり、 移動販売で済ませていると、 外に出て行かなくなりました。 それは良くないので、 今は1時間ほど歩いた先にある お花畑の手入れをしています。 若い人たちと出会えるし、 楽しみができて助かってます』 (東日本大震災から6年/石巻市/70代女性)

続きを読む

自宅を再建するための建設費用が割高に

『復興需要で建設業者が不足しているので、 自宅を再建するための建設費用が 割高になっています。 あと3年から5年ぐらい待てば、 費用が下がるという話を聞いたので、 再建せずに様子をみようと思います。 ただ、最期は神戸に戻りたいです』 (阪神大震災から3年/関東/70代男性)

続きを読む

雨が降らない限り家に戻っています

『震災から1年が経ちますが、 水道が復旧せず、 雨が降ると山から土砂が流れてきます。 危険区域指定され、応急仮設住宅はあてがわれましたが、 子どもが3人に犬が3匹、 隣には体の悪い両親もいるので、 雨が降らない限り家に戻っています』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/40代女性)

続きを読む

少しずつ多くの方に関わっていただく

『毎年3月11日に灯籠をともし、慰霊をしています。 灯籠を包む紙には絵や言葉があり、 これはボランティアさんたちが 描いて送ってくれました。 近隣住民の協力もあります。 少しずつ多くの方に関わっていただくことが、 何よりの供養です』 (東日本大震災から6年/山元町/60代男性)

続きを読む

自分の土地の復興計画が、ここではわからない

『地震で自宅が半壊になりました。 仮設住宅暮らしは大変だと思ったので、 関東にいる息子宅の近所に、 アパートを借りて暮らしています。 長居するつもりはありませんが、 自分の土地の復興計画が、ここではわからないので、 神戸に戻れないのです』 (阪神大震災から3年/関東/70代男性)

続きを読む

寂しいことはわかっています

「私は自宅の補修が終われば、戻って暮らす予定です。 ただ、ご近所さんの家は、どんどん解体されています。 元の地域に戻ったとしても、 周りには住民が少なく、寂しいことはわかっています。 でも戻りたいのです」 (熊本地震から1年/南阿蘇村/50代女性)

続きを読む

いつでも仲間や家族がいます

『悲しくて前を向くことができない時は、 無理をせず横を向いてみてください。 いつでも仲間や家族がいます』 (東日本大震災から1年/釜石市/10代女性)

続きを読む

週1回のおしゃべりが楽しみに

『近所づきあいが苦手なので、 ほとんど家にいて、一人で過ごしています。 訪問活動で来てくれたボランティアさんが 近所で集まりがあることを教えてくれたので、 それだけは参加するようになりました。 週1回のおしゃべりが楽しみになりました』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代女性)

続きを読む