大きな買い物が多く、忙しくしています

『高台移転先の造成地で、 集会所が完成し、家も完成し始めています。 今は個人宅の家具類や集会所の備品など、 大きな買い物が多く、忙しくしています。 大変ですがうれしいです』 (東日本大震災から5年/石巻市市/60代男性)

続きを読む

住民や外部から募ったボランティアが、工事に参加

『震災後に建設する新しい集会所には、 木のぬくもりがほしいという意見が多く、 古民家を移築することに。 資金が足りませんでしたが、 住民や外部から募ったボランティアが、 工事に参加することで費用を最小限にとどめ、 完成させました』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代男性)

続きを読む

応援金を呼びかけ買い揃えました

『津波で浜の漁師は、 船や漁具を全て流されました。 個人財産は個人で再建しますが、 浜の復活には、フォークリフトや乾燥機等の 共同で使う道具や施設も必要です。 そこで全国に応援金を呼びかけ買い揃えました』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

どうしようもなかったのですが、今でもつらい

『忘れられないのは、助け出せなかった隣人のこと。 道具が足りない中、 倒壊した家屋から人を助け出すのは困難で、 さらに火が回ってきたため、 諦めざるをえませんでした。 どうしようもなかったのですが、 今でもつらいです』 (阪神大震災から22年/神戸市/60代男性)

続きを読む

たくさん作品を作りましたが、津波で流されました

『良い作品を残すと後継者が出てくると思い、 硯の石を採っていた仕事から、 硯を形作る職人に転職しました。 そしてたくさん作品を作りましたが、 津波で流されました。 取り返しが付かないと思いながらも 作り続けています』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

御遺族が亡くなっているから

『慰霊法要の参列者が 少なくなってきたと感じます。 御遺族が亡くなっているからです。 22年という時の流れを感じます』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代男性)

続きを読む

最近の海水温の上昇は激しく

『養殖をやっていくために、 養植物の特徴や生態系を研究し、 海水温の上昇や気象条件の変化にも、 工夫して乗り越えてきました。 ただ最近の海水温の上昇は激しく、 私が年をとってきたこともあり、 対応できなくなってきました』 (東日本大震災から5年/石巻市/70代男性)

続きを読む

生かしてほしい

『多くの学生が震災を学ぶため、 神戸に来てくれます。 伝えているのは、 1 自分の命を守ること。 2 近所の人と仲良くし、助けあうこと。 あとは、学校等で行っている防災訓練に しっかり取り組み、生かしてほしいです』 (阪神大震災から22年/神戸市/70代男性)

続きを読む

漁師の私だけでは漁ができない

『震災後2ヶ月目から養殖場の瓦礫を撤去し、 11月のホタテの種入れに間に合わせました。 今まで種入れをしてくれていた方のほとんどが 離れた仮設住宅におり、人集めに苦労しています。 漁師の私だけでは漁ができないと気づきました』 (東日本大震災2年/石巻市/60代男性)

続きを読む

離れると良さがわかるし、そのままがいい

『地元の人にとっては、 ここでこのまま暮らすのが当たり前。 過疎化しても、 新しい地域対策は考えられません。 震災で400人が地域を離れ、 その人達が地域の魅力を発信してくれています。 離れると良さがわかるし、そのままがいいんです』 (新潟中越地震から10年/長岡市/70代男性)

続きを読む