ゆっくり寝られるところが必要

『震災後、仕事が忙しくなりました。 夜遅くに避難所に戻ると皆に迷惑をかけるので、 事務所で寝ていました。 体の事を考えると、人を気にせず ゆっくり寝られるところが必要になり、 地震から2ヶ月後には家を再建しました』 (東日本大震災3年/石巻市/60代男性)

続きを読む

新しい場所での暮らしを楽しんでほしい

『仮設住宅を出た人が 今でも仮設住宅での集まりに来てくれます。 「ここが落ち着く」と言ってくれて嬉しい反面、 早く新しい場所での暮らしを楽しんでほしいです』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代男性)

続きを読む

事業に反対していると思われると困る

『本当は高台に行きたくないのです。 家を解体したのは、従前地に建てたかったから。 今でも思いは変わりませんが、 集落では高台移転を進める雰囲気があり、 事業に反対していると思われると困るので、 集落の人には言えません』 (東日本大震災3年/石巻市/60代男性)

続きを読む

自分に必要かどうか、という視点

『地域の今後について話の時に、 自分がどうしたいか、自分に必要かどうか、 という視点だけで意見を言われると 残念だと思いますし その意見に賛同する人がいるのも、 どうかと思います』 (阪神大震災から10年/神戸市/60代女性)

続きを読む

医療・介護の環境が不安

『私自身は浜育ちなので、 震災後も浜に戻りたかったのですが、 母の具合が悪く、復興事業を待てずに 仙台に再建しました。 震災後の浜での生活は 医療・介護の環境が不安です』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

住民交流がだんだん減ってきました

『仮設住宅に住んでいますが 住民交流がだんだん減ってきました。 震災から2年ぐらいまでは お茶会をすると大勢集まっていましたが、 参加人数が減っています。 生活が安定してきたからかもしれないけど 近所づきあいは大切だと思いますが』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代男性)

続きを読む

市街地の住宅にそのまま住んでいます

『自宅は浜にありましたが 息子の学校と私の仕事の関係で、 石巻市街地に住宅を持っていました。 震災で浜の住宅は流されたので、 市街地の住宅にそのまま住んでいます』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

地域がお世話になったので

『たくさんのボランティアさんが 復旧・復興支援に来てくださいました。 個人的に何かをしてもらったわけではありませんが 地域がお世話になったので感謝しています』 (阪神大震災から10年/神戸市/60代女性)

続きを読む

仙台に新築の家を再建

『被災直後は家族3人で 仙台の親戚宅でお世話になり、 2ヶ月後には賃貸住宅に引っ越し。 母の具合が悪いため改築したかったのですが、 賃貸住宅ではできず、 復興計画はわからない時期でしたが待てないので、 仙台に新築の家を再建しました』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

長いお付き合いをしていきたい

『震災がきっかけで ボランティアさんとか いろんな人たちに助けていただきました。 この人たちと長いお付き合いをしていきたいし こういった人たちの力を大事にしたいです』 (阪神大震災から2年/神戸市/20代男性)

続きを読む