命が助かっただけでもありがたい

『震災で多くを失ったけど、 自分だけではなく誰もが大変な思いをしました。 命が助かっただけでもありがたいと思って 一から出直すしかありません』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代男性)

続きを読む

人の輪に入れない人がいるのも事実

『高齢者が集う場の 運営に関わっています。 神戸には震災の教訓からか、 いろんな場があって高齢者で賑わってますが、 人の輪に入れない人がいるのも事実。 お一人暮らしでご近所付き合いが無い方にこそ、 必要な場だと思うのですが なかなかご参加いただけません』 (阪神大震災から21年/神戸市/60代女性)

続きを読む

自分の中では震災をプラスにできた

『震災後1年ぐらいは悲しかったけど、 その後は振り向かないで 前進してきたつもりです。 自分の中では震災をプラスにできたと思います』 (阪神大震災から3年/神戸市/50代女性)

続きを読む

私の存在を知ってほしい

『震災後、元いた地域に戻りたいと思い、 公営住宅を申し込み続けましたが、 抽選に外れ、他地区に移ることになりました。 知らない人ばかりの地域で 私の存在を知ってほしいと思い、 地域のボランティア活動に参加し始めました』 (阪神大震災から5年/神戸市/50代女性)

続きを読む

マンションを新築購入しました

『津波で家が流されました。 賃貸住宅(みなし仮設)に入って、 地域の復興の会議にも出席していました。 地域での再建は何年先になるかわからず、 仙台の娘の近くにマンションを新築購入しました。』 (東日本大震災3年/石巻市/60代男性)

続きを読む

私はどんな体験をしたんだっけ

『震災の語り部活動を続けています。 自分から体験を語るのは大丈夫ですが、 質問されると 「あれ? 私はどんな体験をしたんだっけ?」 と思ってしまうことが出てきました。 震災から20年以上経ったことを実感しています』 (阪神大震災から21年/神戸市/70代女性)

続きを読む

娘の家の近くの公営住宅を希望

『津波で家が流されました 私は足が悪く、避難所ではトイレに行くのも辛いので 内陸の娘の家に行きました。 海の近くで暮らしたいですが、 体調が不安なので、 娘の家の近くの公営住宅を希望しています』 (東日本大震災3年/石巻市/70代男性)

続きを読む

甘えているわけではない

『仮設住宅に住んでいると 家賃がいらないし、ものがもらえるから いいねと言われることがあります。 でも、行くところがないからで、 甘えているわけではないとわかってほしい』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代男性)

続きを読む

内陸の土地の価格が高くなるかも

『東日本大震災で津波に遭い、 家を失いました。 内陸の土地の価格が高くなるかもと思い、 3ヶ月後に購入しました。 住宅は再建せず浜が復興するのを待っていましたが、 時間がかかるので、買った内陸の土地に家を建てました』 (東日本大震災3年/石巻市/60代男性)

続きを読む

店をやっていた時の感覚

『震災前までお好み焼き屋をしていましたが、 地震で店が全壊し、再建しませんでした。 ボランティアさんたちに頼まれて、 久しぶりにお好み焼を作りました。 店をやっていた時の感覚を思い出せたし、 みんなの喜ぶ顔が見られてうれしいです』 (阪神大震災から7年/神戸市/80代女性)

続きを読む