なんとなく心がぱっと晴れません

『元居たところとは違う地域ですが 商売の成り立つ場所を選び、 住宅も一緒に再建しました。 もう少しで住宅が完成しますが、 なんとなく心がぱっと晴れません』 (東日本大震災から5年半/石巻市/60代女性)

続きを読む

飛んでしまわないかいつも心配

『たびたび台風がやってきます。 屋根にブルーシートをしているだけなので、 飛んでしまわないかいつも心配です』 (熊本地震から5カ月/南阿蘇村/50代女性)

続きを読む

自立心が必要

『私たち被災者が 早く立ち上がるためには 自立心が必要だと思います。 何でもしてもらおうという気持ちが、 まだあるような気がします』 (阪神大震災から1年/神戸市/50代男性)

続きを読む

何らかの形で地区に戻りたい

『家の後ろの崖がくずれて危険ですが、 生まれたところですので、 何らかの形で地区に戻りたいと思っています』 (熊本地震から5カ月/南阿蘇村/70代男性)

続きを読む

更地が拡がり、人が戻ってきません

『震災で被害を受けましたが 復興事業が行われない地区なので、 更地が拡がり、人が戻ってきません。 賑わいを取り戻すため これからでも何か事業ができないかと 地区住民と議論しています』 (6東日本大震災から5年半/石巻市/60代男性)

続きを読む

負担に感じてしまいます

『少しだけならと思い、 地域活動に参加しています。 ただ嫌なのは、若いことを理由に あれこれと用事を頼まれたり、 期待されたりすること。 少し若いだけですし、負担に感じてしまいます』 (阪神大震災から21年/神戸市/60代女性)

続きを読む

意識の格差が出てきて

『震災から今まで、 集落の再生に取り組んできました。 震災から5年を経た今、 意識の格差が出てきて、 うまくいかないこともあります。 今日は、神戸から大勢の人が来てくれて、 いろいろ先進事例を学びました』 (東日本大震災から5年6カ月/石巻市/50代男性)

続きを読む

想い出はありますが、建て替えます

『外観からは被害が無いように見えますが、 床や基礎に亀裂が入っています。 現在のものを補修する費用を考えると、 面積を小さくして新築にする方が安いため、 想い出はありますが、建て替えます』 (熊本地震から4カ月/南阿蘇村/50代男性)

続きを読む

伝えたいという気持ちが沸き起こってきました

『阪神大震災の体験を語ってきて 伝わっているのかな? 私の体験が役に立つのかな? と疑問に思った時期がありました。 けれども東日本や熊本の地震が起き 被害の状況や被災者の声に触れると、 伝えたいという気持ちが沸き起こってきました』 (阪神大震災から21年/神戸市/70代女性)

続きを読む

人に話すと涙が出ます

『津波で家族全員が流され もう無理だと思った瞬間が何度もありましたが 全員運よく命拾いしました。 5年経った今もあの時のことは鮮明に覚えていますし、 人に話すと涙が出ます』 (東日本大震災から5年/石巻市/50代女性)

続きを読む