テレビでは恐怖感が伝わってきません

『震災後に起こった火災で、 自分の家が焼けるのを目の当たりにしました。 その後、自宅のテレビで 被災地の中継をしているところを見ましたが 印象が全然違います。 テレビでは恐怖感が伝わってきません』 (阪神大震災から1年/神戸市/50代男性)

続きを読む

子どもと一緒にいる時間が増えて嬉しい

『仮設住宅から50分かけて浜に通い 漁師の仕事をしてきました。 震災から5年を経て高台ができ、 家を再建できました。 移動時間が無くなり 子どもと一緒にいる時間が増えて嬉しいです』 (東日本大震災から5年5カ月/石巻市/30代男性)

続きを読む

家まで土砂が入ってきました

『大雨で裏山が崩れ、 家まで土砂が入ってきました。 解体することになり、 大事なものを取り出しています』 (熊本地震から4カ月/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

価値は同じと言われても

『震災後に起こった火災で 家を焼いてしまい、残ったのは土地だけ。 同じ状況の人が多い中、 土地区画整理事業が行われ 土地の面積が減ることになりました。 土地の価値は同じと言われても 納得できない人が多いんじゃないでしょうか』 (阪神大震災から1年/神戸市/50代男性)

続きを読む

元の地区に住みたいと思ったので

『災害危険区域に指定された場所は 家を建てられなくなると聞きました。 とにかく私は、元の地区に住みたいと思ったので、 指定される前にと思い、急いで家を建てました。 ローンを組めなかったので、 親戚にお金を借りました』 (東日本大震災から5年/石巻市/60代男性)

続きを読む

毎日集落に通って

『熊本市内のみなし仮設に移りました。 でも、毎日集落に通って、 家の掃除や草取り等の作業をしています。 近所の人たちに会えるのもうれしいです』 (熊本地震から4カ月/南阿蘇村/70代女性)

続きを読む

復興事業を進めてほしい

『震災から時間がたつにつれて 商売を再開する人が増えてきます。 お客さんが増えるように 行政にはとにかく早く 復興事業を進めてほしいです』 (阪神大震災から1年/神戸市/50代男性)

続きを読む

自転車を手に入れ

『私は石巻に住んでいますが、嫁と子どもは仙台にいます。 津波の後、連絡が取れず心配で心配で、 震災から2日後に自転車を手に入れ、 石巻の漁村から80kmくらいの距離を 確認しに行きました。 無事でホッとしました』 (東日本大震災から5日/石巻市/40代男性)

続きを読む

今後の復興にも文化を

『ボランティアさんに尋ねられたので 地域文化のことをお話ししました。 今後の復興にも文化を残していくことが、 地域でいきいきと生活していくためには 大切かなと思いました』 (熊本地震から100日/南阿蘇村/80代女性)

続きを読む

店を再開するしかない

『夫婦で営んでいた店を震災で失いました。 仕事を探しに職業安定所に行きましたが、 就職難の時代ですし、 私の年齢もありますし、 自分にできる仕事は見つかりません。 店を再開するしかないと覚悟を決めました』 (阪神大震災から0年/神戸市/50代男性)

続きを読む