カメラを手にしたのは2月末

『昔から趣味にしていた写真。 近隣地区の火災被害を見ていましたが 写真に残そうとは考えもしませんでした。 カメラを手にしたのは2月末になってから。 ボランティアの優しさや思いやり 被災した人の笑顔や復興する姿を 撮りはじめました』 (阪神大震災から半年/神戸市/40代男性)

続きを読む