この仕事を続けると決めたので

『仕事場が被災しました。 火災は免れたものの、 仕事道具の一部が壊れ、材料も使えなくなりました。 取り引き先も数社が被災し、 失業状態になりました。 それでもこの仕事を続けると決めたので、 少しずつ新しい取り引き先を開拓しています』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

臨機応変に仕事が割り振られました

『地震が起こったことで、 災害対応の仕事が突然増えました。 4月に就職したばかりで、 仕事を覚えていない人もいたので、 職歴に合わせて 臨機応変に仕事が割り振られました』 (熊本地震から5カ月/大津町/20代女性)

続きを読む

仕事道具の回収と風呂用の木材の確保などで

『避難所生活に入ってから、 数日間は食料の調達に追われ、 その後物資が届くようになってからは、 津波で流された仕事道具の回収と 風呂用の木材の確保などで、 2カ月を過ごしました』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

この苦労を、子や孫に笑顔で語れる日が来ることを目標に

『4カ月前に結婚したばかりで、 二人の貯金もほとんど無い時に震災が起こり、 ローンで購入した新築マンションが被災しました。 かなり落ち込みましたが、 この苦労を、子や孫に笑顔で語れる日が来ることを目標に、 がんばっていきたいです』 (阪神大震災から3年/神戸市/20代女性)

続きを読む

昨日と今日では変わっていることも

『地震で一斉にいろんな事が起こったので、 みんながバタバタの状態になりました。 いろんな情報が入り乱れ、 実際と異なることもありました。 行政側の方針も、 昨日と今日では変わっていることもありました』 (熊本地震から5カ月/大津町/20代女性)

続きを読む

難しい工事だとのことで何軒も断られ

『私の家は崖の上に建っていて、 地震で崖の石が飛び出しました。 下の家の人から、怖いのですぐに直してほしいと言われ、 早速工事を依頼しましたが、 難しい工事だとのことで何軒も断られ、 見積もりも出ていません』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む

復興には時間がかかりそうですが

『ボランティアのみなさんには、 震災を自分の身に起きたことのように捉え、 心に寄り添って支援していただき、 有り難く思っています。 人の温かさや強さを感じました。 復興には時間がかかりそうですが、 がんばろうと思います』 (東日本大震災から2年/石巻市/男性)

続きを読む

引っ越す前に震災が起こりました

『中古の家を買った後、 引っ越す前に震災が起こりました。 部屋が傾き、半壊の認定に。 業者に修復を依頼すると、難しい工事で、 最悪の場合取り壊しになるとのこと。 結局、前の家に住み続けています』 (阪神大震災から3年/神戸市/30代女性)

続きを読む