それでも、まちづくりをしていかないといけない

『津波で流された自宅跡で、 能楽や写真展をしました。 震災前のこの町での暮らしを思い出しました。 今は、危険区域になり住むことができませんが、 それでも、 まちづくりをしていかないといけないと思います』 (東日本大震災から6年/仙台市/30代男性)

続きを読む

幸運だったなと思います

『入院中に震災に遭い、事なきを得ました。 自宅はたんすが倒れ、蛍光灯が飛び、 大変だったそうです。 一人で家にいた夫は、 近くにテレビが落ちてきましたが あたることなく無事でした。 幸運だったなと思います』 (阪神大震災から3年/神戸市/40代女性)

続きを読む

地区住民が協力しあわなければいけないなと

『震災を経験して、 地区住民が協力しあわなければいけないなと 感じている人が多いように思います。 地区の会長をしている私に、 何かできることはありますかと 声をかけてくれる人もいて、 非常にありがたいことだと思います』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む

震災で落ち込んだ気持ちを前向きにできる

『地域の中に、人々が集って お話ができる場所をつくりました。 地域の魅力を人に伝えることで、 震災で失われたものの大きさを実感しています。 魅力を知ることで、 震災で落ち込んだ気持ちを 前向きにできることがわかってきました』 (東日本大震災から6年/仙台市/30代男性)

続きを読む

強くなれた気がします

『地震で家族を失い、 もう自立できないのではないかと不安になりましたし、 前に進めない自分にいら立ちと焦りを感じました。 仕事をするのがいいのではと思い、 働きに出ることにしました。 初めての仕事で不安でしたが強くなれた気がします』 (阪神大震災から3年/明石市/50代女性)

続きを読む

地区住民の連絡網を作らなければ

『次の災害に備えて、 地区住民の連絡網を作らなければと思っています。 住民のみなさんがいろんなところに避難されて、 自宅には連絡がつきませんでしたから。 家族ごとに、携帯電話の番号を聞いておこうと思います』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む

帰りたいと希望する人が思ったより少なくて、残念

『震災の後、地域に帰る人、帰らない人、 それぞれの生き方を尊重しようと話しています。 直後は時々あった住民間の分裂は、 今はなくなりましたが、 帰りたいと希望する人が思ったより少なくて、 残念に思っています』 (東日本大震災から6年/福島市/40代女性)

続きを読む

私の中にある喜びの感情に気づきました

『震災で主人を亡くし悲しみの日々を送っていました。 このままではいけないと思い、 自分史を書くことにしました。 書き終えると心に変化が起こり、 私の中にある喜びの感情に気づきました。 生かされた私の命を大切にしようと思っています』 (阪神大震災から3年/明石市/50代女性)

続きを読む

自分を頼ってくださることが活動の励みに

『地区の区長として、住民の安全を第一に なんとか役目を果たしてきました。 自分がやらなければという使命感と、 住民のみなさんが自分を頼ってくださることが 活動の励みになりました』 (熊本地震から6カ月/大津町/70代男性)

続きを読む