工事関係の人から一般の人へと

『震災から2年が経つと、 街を行き交う人々が、工事関係の人から 一般の人へと変わってきました。 日常が戻ってきたように感じますが、 町並みは、空き地と駐車場が目立っています』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代男性)

続きを読む

できる時に確認しておいた方がいい

『地震を経験することで、 家の小さなヒビ割れなどを 気にする人が増えていると思います。 震災前なら大丈夫だと思っていた些細なものでも 心配になるものですし、 できる時に確認しておいた方がいいと思います』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

このつらい体験を語り伝えなければ

『震災を経験し、 このつらい体験を語り伝えなければと 思うようになりました。 伝承活動をする団体の一員となることで より大きな力になればと思っています』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

50代で初めての職業に

『仕事が軌道にのっている時に、 震災で続けられなくなりました。 50代で初めての職業に就き 気苦労も多い中で、 命があるだけで十分だと、 自分に言い聞かせて働きました』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代男性)

続きを読む

想定外を減らしておかないといけない

『地震を経験したことで、 日頃の防災訓練が大切だと実感しました。 訓練でやっていたことは対応できましたが、 想定外の事はできなかったり 時間がかかったりしました。 いろんなことを訓練して、 想定外を減らしておかないといけないのです』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

ぜひ観光客のみなさんに来ていただきたい

『震災復旧が一段落し、 ぜひ観光客のみなさんに来ていただきたいと 観光情報を掲載するウェブサイトを リニューアルしました。 サイトへの来訪者数が増え、手応えを感じました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

自分たちに言い聞かせる毎日

『震災で仕事を失い、 8カ月後に夫婦で定食屋を始めました。 飲食業の経験がなく不安でしたが、 とにかく働かなければと必死でした。 良いことだけを考えよう、良いように考えようと、 自分たちに言い聞かせる毎日でした』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

続きを読む

復旧活動に関われる人が意外と少なかった

『防災訓練を年に数回やっていましたが、 実際に地震が起こると 想定外のことが多く起こりました。 特に困ったのは、 復旧活動に関われる人が意外と少なかったことです。 いろんな場合を想定した訓練が 必要だと思いました』 (熊本地震から7カ月/大津町/40代男性)

続きを読む

人が集う機会づくりの支援が増えました

『災害直後は復旧への ボランティア活動が多かったのですが、 時間がたつにつれて、 地域行事や朝市、復興イベントなど 人が集う機会づくりの支援が増えました。 そこにはたくさんの笑顔がありました』 (東日本大震災から5年/石巻市)

続きを読む

お客様から預かっている商品だけは守ろうと

『震災後に近所で火災発生し、 だんだんと私の店まで近づいてきました。 お客様から預かっている商品だけは守ろうと、 家族総出で運び出しました。 その時に、めちゃくちゃになってしまった商品もあり、 くやしくて涙が止まりませんでした』 (阪神大震災から4年/神戸市/50代女性)

続きを読む