大家さんが、1カ月分の家賃はいらないと

『地震後すぐ、賃貸物件を探しました。 それまでは持ち家でしたが、 毎月9万円の家賃がかかることになり、 急に出費が増えました。 私が被災者だと知った大家さんが、 1カ月分の家賃はいらないと言ってくれ、 心が温まりました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

津波から2ヶ月後には内陸の土地を買いました

「震災後は土地を求める人が増え、 値上がりが予想されたので、 津波から2ヶ月後には内陸の土地を買いました。 その前に、被災した漁村で再建できるかどうか、 役所に尋ねましたが、決まっていませんでした。 再建したいとも思いましたが…」 (東日本大震災から3年/石巻市/60代男性)

続きを読む

私も地域の子どもたちにボランティアを

『避難所には、たくさんの ボランティアさんが来てくださいました。 私の人生で、見ず知らずの方に、 無償で支えていただくことが初めてで、 目が覚める思いでした。 生活が落ち着いた今は、 私も地域の子どもたちにボランティアをしています』 (阪神大震災から22年/芦屋市/60代女性)

続きを読む

この集落を捨てるわけじゃない

『同じ集落でも、場所や建物によって、 被害の大きさや体験した怖さがみんな違うんです。 今後、集落を離れざるを得ない人だっていますが、 集落を離れたくない気持ちは皆にあって、 違う地に再建しても、この集落を捨てるわけじゃないんです』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

サバイバルの体験が、避難所生活に生かせた

『若い時にオーストラリアで、 7000kmのバイクレースに出ました。 そのサバイバルの体験が、 避難所生活に生かせたんです。 工夫して暖をとり、 少しの物資や食糧を分け合う段取りをしました。 若い時にいろいろと経験しておくものですね』 (東日本大震災から6年/名取市/60代男性)

続きを読む

カメラを手にしたことがきっかけで

『突然起こった地震で、 たくさんのものに囲まれた生活が一転。 一瞬で衣食住を失い、 自分の心がどこにあるのかですら 分からなくなりました。 そんな時にふと、 カメラを手にしたことがきっかけで、 今この瞬間を楽しめるようになりました』 (阪神大震災から22年/芦屋市/60代女性)

続きを読む

母が無事でよかった

『本震の直後、濁流に襲われ、 家族全員が飲み込まれました。 娘と妻を助け、 次に母をと手を伸ばしたけど助けられず、 そうするうちに家が流れ始めたので逃げました。 母が無事でよかったですが、 その時は母を殺してしまったと思いました』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/60代男性)

続きを読む

4月までに居住地を決めなければならないので

『浪江町から福島市に、 両親と私達夫婦と子ども2人で避難しました。 家を探しましたが1DKばかり。 子どもの小学校入学のため、 4月までに居住地を決めなければならないので、 両親は仮設住宅に入居し、 4人で暮らせる家を見つけました』 (東日本大震災から6年/福島市/40代女性)

続きを読む

今は音が全く聞こえず、孤独に感じます

『仮設住宅から復興住宅に移ってきて 1年が経ちました。 仮設住宅では隣との境は板1枚で 人の気配を感じながら3年半を過ごしました。 見ているテレビが何かまで、はっきりとわかるんです。 今は音が全く聞こえず、孤独に感じます』 (阪神大震災から5年/神戸市/70代女性)

続きを読む

運転できない知り合いを乗せて

『私は車の運転ができるので、 買い物も美容院も病院も自分で行きます。 仮設住宅に入って間もない頃は、 運転できない知り合いを乗せて、 様々なところに行きましたが、 現在は体調が心配なのでお断りし、 調子良い時に一人ででかけています』 (熊本地震から1年/南阿蘇村/80代女性)

続きを読む